快眠サプリメントの効果

最近では、素晴らしい睡眠をサポートしてくれる「快眠サプリメント」というものがあります。快眠効果のある成分にはさまざまな種類があるので、快眠サプリメントにもいくつか種類があり、それぞれで呑み方や呑むタイミングが異なります。それでは、快眠を導く成分について紹介します。

・グリシン

グリシンは世界中で何より古く、アミノ酸の中でとりわけ低く構造もシンプルなので、体のさまざまなところに存在しています。グリシンは「寝てもなかなか疲れが取れない」「熟睡できない」「朝スッキリと起きられない」「やる気が出ない」などと感じている人におすすめの成分だ。グリシンは、脳における体内時計に呼びかけ、睡眠のリズムをいじくる効果があるので、朝面白くあることでき、昼も活発に移れるようになります。グリシンを呑むタイミングは、3gを就寝の半くらい前に摂ると良いでしょう。

また、グリシンは、食べ物からも摂りやすく、エビ、ホタテ、カニ、イカなどの魚介類に手広く含まれています。これらの魚介類は旨味と甘味を感じますが、それはグリシンによるものなので、グリシンは美味く摂取することができる成分でもあります。もう一度、グリシンは、セリンやスレオニンなどのアミノ酸によって、全身で自ら作りだすこともできるので、セリンを含む牛乳や大豆製品、スレオニンを含む肉類や卵などの動物性たんぱく質を加えるようにしましょう。

・GABA(ギャバ)

GABAは、脳の神経伝達物質の1つで、脳の興奮を鎮めたりリラックスさせたり始める効果があります。病院で処方される睡眠薬にもGABAが含まれ、快眠をサポートします。また、ジリジリや不安を抑えたり、認知症の予防や改善に作用したり、肥満を防止したり、肝臓や腎臓の機能を改善したりなど、さまざまな症状に効果があります。

GABAのサプリメントで快眠効果を得るには、就寝1〜2時間くらい前に10mg〜20mgを摂ると良いです。アワや大麦、キビなどの穀物、玄米、漬物、スプラウトなどの発芽野菜、チョコレートなどにも手広く含まれているので、普段の食事やおやつに取り入れると良いです。また、お茶やチョコレート、ヨーグルトなどでGABAの量を増加させた商品も販売されているので、それらを利用すれば、効率よくGABAを摂取できるでしょう。

・テアニン

テアニンは、高品質のお茶や新茶に含まれる成分で、睡眠を促す作用があります。テアニンを飲み込むタイミングは、200�rを就寝の1時間前に摂ると、熟睡することができリフレッシュ効果もあるので、朝スッキリと起きることができます。また、テアニンは、昼飲むと、リラックスして行動することができるので、夜も昼も効果のある成分だ。

・メラトニン

メラトニンは、眠気を誘う作用があり「睡眠ホルモン」と呼ばれてある。メラトニンで寝つきを良くするには、就寝の半〜1時間前に呑みましょう。また、メラトニンは体内時計を調整する作用があるので、寝る時間や起きる時間を整えたい場合は、メラトニンを呑む時間を考えると効果があります。引用